心筋萎縮の仕組み解明=抗がん剤副作用、抑制期待・・・生理学研

茂原市の保険代理店:なっとく!ほけん相談です。今日のもう1つのニュースは・・・

 代表的な抗がん剤の1つを投与した際に、心臓の筋肉が萎縮する副作用が起きる仕組みを解明したと、自然科学研究機構・生理学研究所(愛知県岡崎市)や九州大、群馬大などの研究チームが12日までに米医学誌JCIインサイトに発表した。
 この抗がん剤は、悪性リンパ腫や肺がん、消化器がん、乳がんなどに幅広く使われる「ドキソルビシン」(商品名アドリアシン)。マウスの実験では心筋萎縮を抑える化合物も発見した。今後、ドキソルビシンと併用して副作用を抑える薬の開発につながると期待されている。
 生理学研究所の西田基弘教授(九州大教授兼務)らは、マウスにドキソルビシンを多く投与すると心筋細胞が低酸素化し、「TRP3」と呼ばれるたんぱく質が増えることを発見。このたんぱく質は有害な活性酸素を生み出す酵素の働きを促進し、心筋の萎縮や心臓の機能低下を招くことを突き止めた。

抗がん剤の副作用で苦しんでいたり、副作用の影響を考慮して治療を躊躇している方は多いと思います。少しでも早く、副作用を抑える安全な薬の開発がされることを期待しましょう。