自転車保険加入呼びかけ 千葉市来月から義務化

茂原市の保険代理店:なっとく!保険相談です。

 千葉市で4月から、自転車利用者の損害賠償保険への加入が義務化されるのを前に、市は啓発のための街頭キャンペーンを行った。
 保険加入はこれまで努力義務だったが、昨年12月に条例改正され、4月1日から施工される。義務化の背景には、神戸地裁が2013年、歩行中の女性を自転車ではねて重症を負わせた小学生側に9521万円の支払いを命じるなど、高額賠償の判決が全国で相次いでいることがある。
 来月から自転車利用者は、損害賠償保険や共済に加入しなければならず、未成年者の場合は保護者の加入が義務。販売業者は加入の確認ができない客への情報提供が努力義務となる。罰則はない。
 市職員や交通安全協会の指導員は11日、JR千葉駅東口の駐輪場付近で通行人にチラシを配布し、自動車保険などの特約に事故の補償が含まれているケースがあることなどを伝えていた。自転車保険はコンビニ店でも扱う店があり、インターネットでの加入も可能。

2021年3月19日 読売新聞より抜粋