年金75歳開始84%増

茂原市の保険代理店:なっとく!保険相談です。

厚生労働省は18日、現在は60~70歳の間で選べる公的年金の受け取り開始時期について、75歳まで期間を広げる案を社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の年金部会に示した。
受給開始を遅らせると受け取る年金は増え、75歳で受け取り始めた場合、月額で65歳開始時の1.84倍となる。
60歳なら24%減
部会で異論は出ず、大筋で了承された。
受給開始年齢の拡大は、多様な働き方に合わせた受給を可能にし、元気な高齢者が働き続ける環境を整える狙いがある。
どの年齢で受け取り始めても、平均的な受給総額が同等になるように月額が調整される。
65歳から遅らせれば1ヶ月ごとに0.7%ずつ増えるしくみで、75歳に受け取り開始時期を拡大した後もこの増額率を維持する。
一方、受給開始を原則としている65歳より早めた場合、月額で月0.5%ずつ減るが、改革案では減額率を月0.4%に引き下げる。
60歳で受け取り始めれば、月額で65歳開始時の0.76倍となる。
厚労省は、年内に詳細な制度設計を詰め、来年の通常国会に関連法案を提出したい考えだ。
厚労省は年金を受給しながら働く高齢者を支援するため、「在職定時改定」の導入も提案した。
現在は、厚生年金を受け取りながら働いて保険料を支払った場合、70歳になった時などに年金額が上乗せされる。
これを、65歳以上であれば毎年、年金額が増額されるようにする。
ただ、年約800億円の財政負担を伴うため、議論を続けることとなりそうだ。

2019年10月19日 読売新聞より抜粋

茂原市プレミアム付商品券を10月1日から販売します

茂原市の保険代理店:なっとく!保険相談です。

市では、消費税律の10%への引き上げに伴い、家計の負担緩和や地域の消費下支えのため、住民税非課税の方、乳幼児のいる子育て世帯に対して、25%のプレミアムが付いた「茂原市プレミアム付商品券」を販売します。
♦購入対象者①令和元年度分の住民税非課税の方 
※住民税課税者に扶養されている方(生計を一にする配偶者、扶養親族等)や生活保護の受給者等は除く。
②平成28年4月2日~令和元年9月30日までに生まれたお子さんがいる世帯の世帯主
♦販売場所、市内15郵便局
♦販売期間、10月1日㊋~令和2年2月28日㊎(土日休日、年末年始を除く)9時~17時
※10月27日㊐・11月24日㊐・12月22日㊐のみ茂原市役所・本納支所で販売。 販売時間は同じ。
♦購入方法、現金(購入代金)と購入引換券・本人確認書類を提示し商品券を購入
♦商品券の有効期間、10月1日㊋~令和2年3月31日㊋

お問合せは、茂原市プレミアム付商品券事務局(5階)
☎(36)2551、FAX (20)1604 へ。   

広報もばら 10.1日号より抜粋

2019年10月休日当番医

茂原市の保険代理店:なっとく!保険相談です。
日曜・休日在宅当番医 ※診療時間は9時~17時です
※都合により、変更する場合があります。救急患者の方が優先となります。
消防本部24-0119、(FAX)25-8448へお問い合わせください。
〈内科系〉
10月 6日㊐ 清水三郎医院 25-0776
10月13日㊐ 豊栄元氣クリニック 40-4884
10月14日㊊ 山之内病院 25-1131
10月20日㊐ 大木医院 23-2546
10月22日㊋ 金坂医院 22-4885
10月27日㊐ すだ内科医院 24-7717
〈外科系〉
10月 6日㊐ 宍倉病院 24-2171
10月13日㊐ 菅原病院 25-2171
10月14日㊊ きたじまクリニック 26-7050
10月20日㊐ 宍倉病院 24-2171
10月22日㊋ 宍倉病院 24-2171
10月27日㊐ 公立長生病院 34-2121
〈一宮地区〉
10月 6日㊐ 津谷クリニック 32-5645
10月13日㊐ 長生八積医院 32-3282
10月14日㊊ よねもと整形外科 40-1065
10月20日㊐ 長島医院 42-8800
10月22日㊋ いちのみやクリニック 42-1616
10月27日㊐ 睦沢診療所 44-2236