がん治療と仕事の両立「困難な環境」64%=内閣府調査

 茂原市の保険代理店:なっとく!ほけん相談です。今日、もう一つのニュースは・・・

 内閣府は28日、「がん対策に関する世論調査」を発表しました。がん治療や検査で2週間に1回程度通院しながら、仕事を両立できる環境にいるか尋ねたところ「そう思わない」「どちらかといえばそう思わない」と答えた割合が計64.5%に上りました。2014年の前回調査とほぼ横ばいで、がん治療と仕事の両立が難しい現状が続いていることが分かりました。
 
 厚生労働省によると、32万人程度のがん患者が働きながら治療しているとの事です。一方で、がんと診断されると3割超が依願退職や解雇を余儀なくされているとの調査もあります。政府はがんになっても働き続けられる環境を整備するため、「働き方改革」で企業と医療機関の連携強化などを進める方針です。

 両立できる環境とは思わない人にその理由を聞いたところ、「代わりに仕事をする人がいない、いても頼みにくい」が21.7%で最多で、次に「職場が休むことを許してくれるかどうかわからない」が21.3%、「休むと収入が減ってしまう」が15.9%と続いています。

 がん検診を「2年以内に受信した」割合は52.6%だった一方、「今まで検診を受けたことがない」との回答も33.4%ありました。検診を受けていない理由(複数回答)は「時間がないから」が30.6%でトップとなり、「健康状態に自信があり、必要性を感じないから」が29.2%で2番目になりました。

 この調査は、昨年11月に全国の18歳以上の男女3千人を対象に面接で実施され、回収率は60.5%でした。

 現状、がん治療は、通院での放射線・抗がん剤治療が多く、その治療期間も長くなっているのが特徴です。やはり、仕事への影響があるのは事実だと思います。ほけん相談を受けている我々としては、治療費に備えることの大切さをお客様にお伝えしていますが、現役世代の方には収入減少分に備える事の大切さもお伝えしております。

年金支給額3年ぶり引き下げ=物価下落で来年度0.1%減(厚労省)

 茂原市の保険代理店:なっとく!ほけん相談です。本日の最初のニュースは・・・

 厚生労働省は27日、2017年度の公的年金支給額を前年度から0.1%引き下げると発表しました。年金額改定の指標となる昨年1年間の物価水準が下落したためで、引き下げは14年度以来3年ぶりの事です。6月に支給される4月分から適用されます。
 毎月の支給額は国民年金が満額1人分で前年度比67円減の6万4941円、厚生年金が夫婦2人の標準世帯の場合、227円減の22万1277円となります。
 同省は国民年金の月額保険料も発表しました。17年度は前年度比230円増の1万6490円、18年度は1万6340円となるとの事です。
 年金額は物価や賃金に連動して毎年度改定されています。27日公表された昨年1年間の消費者物価指数の総合指数(生鮮食品含む)は前年比0.1%減となり、こうした結果を踏まえ年金額を確定したとの事です。

 将来的な年金額がどのように推移していくか分かりませんが、ある程度、個人単位で老後の備えをしていく必要がありそうですね。

自賠責保険料、4月から平均6.9%引き下げ

茂原市の保険代理店:なっとく!ほけん相談です。今日のニュースです。

 政府は19日、自動車損害賠償責任保険審議会を開き、自動車やバイクの所有者に加入を義務付けている自賠責保険の保険料を4月から平均6.9%引き下げることを決めた。背景としては、自動ブレーキ搭載車の普及などで交通事故が減り、保険収支が改善していることが主な要因である。値下げは2008年4月以来9年ぶりの事である。
 新保険料(2年契約、沖縄県と離島を除く)は、自家用乗用車が2010円(7.2%)安い2万5830円、軽自動車が1300円(4.9%)安い2万5070円となる。
 250CC超のバイクは1万1520円と2120円(15.5%)下がる一方、原動機付き自転車は9950円と80円(0.8%)の値上げとなる。

 自賠責保険は強制保険であり、人身事故の被害者の救済を目的としています。自動車を運行するには必ず付けなければならない保険です。事故が減り、保険料が下がることは良いことです。益々、事故が減る世の中になるよう、皆様も安全運転を心掛けましょう。