新しい投稿
iPS細胞でがん治療

茂原市の保険代理店:なっとく!ほけん相談です。

 理研など「頭頸部」患者治験へ
 
 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から特殊な免疫細胞を作り、顔や
首にできる「頭頸部がん」の患者に投与する臨床試験(治験)を、
理化学研究所と千葉大学のチームが年内にも始める計画であることが
わかった。
免疫力を高めてがん細胞の縮小を目指す治療法で、iPS細胞を使った
がん治療の治験は国内では例がないという。
 頭頸部がんは、鼻や口、喉、あご、耳などにできるがんの総称で、
日本ではがん全体の5%程度を占める。
 治験を計画しているのは、理研生命医科学研究センターの
古関明彦・副センター長、岡本美孝・千葉大教授(頭頸部腫瘍学)
らのチーム。
 計画では、健康な人のiPS細胞から、免疫細胞の一種「ナチュラル
キラーT(NKT)細胞」を作製。この細胞をがん患部につながる血管に
注入する。対象は手術が困難な再発患者3人。最初に3000万個を注入し
副作用などを見ながら細胞数を変えて計3回投与する。
2年かけて安全性や効果を調べる予定。
 NKT細胞は、自らがん細胞を攻撃する上、他の免疫細胞を活性化する
働きを持つとされる。頭頸部がん患者自身のNKT細胞を培養し、患者に
戻す同大の臨床研究では、1回の投与でがん細胞が最大3~4割縮小した
という。しかし、NKT細胞は血液中に0.1%程度しかなく、培養にも時間
がかかるため、繰り返し培養して投与するのは難しかった。
 こうした課題を解決するため、古関氏らは無限に増えるiPS細胞に
着目。人の血液からNKT細胞を採取し、いったんiPS細胞にして大量に
増やした後、再びNKT細胞に戻す方法を開発した。
 今回の治験で安全性に問題がなければ、有効性を調べる治験に移る。
肺がん治療への応用も検討している。

1月10日付 読売新聞より抜粋